松山の名湯・道後温泉エリアのソープ嬢との思い出

僕の地元にはソープランドがないので松山の道後温泉に旅行にいった際に初体験してきました。

今回は【道後温泉でソープ嬢との思い出】についてご紹介します。

折角なのでオナニー禁止して風俗の対策をしていました。

待合室で待っているとようやく順番が回ってきてソープ嬢と対面座位セックスです。

丁寧な接客と言葉遣いも◎。

部屋に入ったら服を脱がしてくれています。

恥ずかしながら、すぐに血管ムキムキの硬直したチンコになってしまい彼女は「大きい!」と言ってくれました。

男子はこの言葉に弱いですね。

お口エッチをしてくれながら一緒に入浴。

そして「失礼します!」と行って手を添えてそのままインサートしちゃいます。

湯船での合体は僕も初めての経験でした。

お湯の熱さと彼女の膣の熱さにオナ禁していた僕は少しの刺激で爆発してしまいました。

ドロっとした白濁ザーメンをタップリ中出ししたことを謝りましたが、彼女は「ピルがあるから大丈夫!」と許してくれたのです。

湯船からでたらドリンクを貰ってトークタイムです。

会話も上手く盛り上げてくれて、回復してきたので2回戦に入ります。

さきほどよりは長く持ちました。

しかしここで終わりと思いきや違いました。

お掃除フェラをしてまたまた即回復しちゃうのです。

「もっとして!」と耳元で囁かれると疲れていてもカチカチになるから不思議です。

これは癖になりそうですね。

デリヘル嬢とかのプレイとは比較になりません。

松山の風俗は楽しかったです。

他の地区のソープランドも行ってみたくなりました。